« 2007年7月 | トップページ | 2010年2月 »

2008年12月21日 (日)

バトライン戦術研究所

UCGO終了一年と三日・・・・

今度はネットカードダスってことでネットワーク対戦可能なカードダスw

擬似オンラインゲーム「ガンダムクロニクルバトライン」がリリースされたわけで

わし、アルガスは現在プレイしてます!

っつーことで久々に痛いブログを再開するかもしれません

三日で飽きるかもしれません。

そこんとこ宜しくw

バトラインは擬似オンラインゲームっていったのはさー

リアルの対戦をするわけじゃーないんだよね

20セット(人+MS+カスタムで1セット)の組み合わせをセットすることで

相手がセットした組み合わせとランダムに対戦するってことなのさ。

んで相手と対戦すると経験値がたまって、ジムでも防御や命中に補正

GNOと同様に☆、☆☆みたいな強化マークがつく。

さらに特定のカードをあるランクまで組み合わせると・・・なんかキターで

進化?みたいなことがあるかもらしいw現状未確認

んでカードは3枚300円か 18枚+専用コードリーダー(2500円)で売られている。

3パックブースターかったら、なんかしらんが

マットヒーリが2枚出たwOTL レアはシャアザクぐらいかなw

マット一匹課金デッキに試しに投下して戦わせると・・・

イケルジャナイカ(´∀`)┳※・・・・・・

(´∀`)┳※・・・・・・(´∀`)┳※・・・・・・(´∀`)┳※・・・・・・

(´∀`)┳※・・・・・・(´∀`)┳※・・・・・・

(´∀`)┳※・・・・・・

とりあえず9割は勝てるw

さすがに相手は無人だしねw

また、ム課金デッキを放置してる人も多いので

それとぶつかると非常に楽である。

だが、このゲーム責めるのではなく防衛にこそ本領がある

攻めるときはランダム配置なので運と、判断力が要求されるだけだが

防衛時は、自分は手を下さない為さまざまな組み合わせで戦う必要が出てくる

まず順番だ、戦闘開始直後に強いMSを出し切ると貧民デッキは後が続かない

次にカスタムカードである、これをうまく使えるか否かで戦況は変化する

例えば同じライン複数に作用するカードを使うならその効果をいかに

生かしていけるか、といった感じだ。

無課金のPRカード(無料カード)の回避上昇なんか自分以外に付与してしかも・・・

ランダムに同じ列のユニットに効果が出るw自分を除いてだw

だからエースに回避上昇をつけても意味が無いといった・・・

きまぐれなケースもたたあるのですよ!w

なのでこれも順番に関連させましょうw

そんでもって、リンク機能であるw

これの有無で戦場の支配力が変わるぞw

簡単に言うと、スタックだ

基本ルールで機体コストがある、ジムは2、ガンダムは5のように出撃までに

必要な出撃コストが異なるのだ。一機のジムが順番に出たのでは

各個撃破されてしまうが・・・6ポイントたまったら三機同時に出撃させる!

っていう機能だ。これを活用してドムで大暴れしてる人を見かけたw

あやうく負けるとこだったぜww

さてw今度書くときはSSつけてもっと分かりやすくやりますよっということで

第一回はお開き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

UC一周忌

熱き日々が過ぎ、一年が経過した

UC難民に新たなる大地は広がることも無く皆様放浪中といったところでしょうか!?

おはよう、こんちは、こんばんは

24時間襲撃してたぞアルガスです。

はやいもんだよねーw

ブログのラストが喧嘩さんとかwまたどんだけあほなのか・・・わし

まーそれはさておき

にっくき「えたーなる」のちゃまさんや、「ろんどべるや」、「ろんどんべる」、「ぶりげいと」

それから、「黒蜂」「でべ」「神風」「あすとれい」「はっぱ」「えうーご」

そんな連中とオフ会で暴れたり、FPSやったり、和んでみたり

あの殺伐とした日々はどこへいってしまったのでしょうか?

ゼロ戦でぶんぶんしても、欲求不満

ウォーロックで頭がでかくなっても欲求不満

C21は、まあ餓鬼んちょオンラインゲーム

そして・・・GTOする前に終了

漫画のGTOは好きだぜ、車もいいよな

さておきそんなわけで皆様お疲れ様でした。

もう一度あの戦場で駆け巡りたいですねw

今度こそ一流の変態になるべく日々大暴れします。

(´∀`)┳※・・・・・・(´∀`)┳※・・・・・・(´∀`)┳※・・・・・・(´∀`)┳※・・・・・・

ジャーナルでこれを見かけたら死を覚悟するがいい

うひゃははははははっはっはははひゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2010年2月 »